静電気に効果バツグン!ぺんてる B Series ビーシリーズ

2012年03月13日 16:13

Pentel_Bseries.jpg

日本の静電気除去グッズってたくさん種類があるのでどれがいいのかずいぶん迷います。これまで静電気防止用のリストバンドやソックスをいろいろ試してみましたが、効果は今ひとつ... 先日、夫がぺんてるの B Series ビーシリーズをお土産に買ってきてくれて、これがなかなか気に入ったので紹介します。

毎年寒い季節になると、ひどい静電気に悩まされる私です。ただでさえ冬は空気が乾燥しているのに、こちらは日本の家屋と違って家全体を温めるシステムなので、室内の乾燥はますますひどくなります。冬場は加湿器を使ったり、洋服も天然繊維のものしか着ません。それでもあまり効果はなく、電気製品のスイッチに触れるたびにビリビリです。ある日、ヘアドライヤーを使っているときに突然スイッチが切れたので、壊れたのかと思ったんですが、実は私の静電気が原因でブレーカーが落ちたのでした。静電気は電気製品にダメージを与えるだけではありません。繰り返しショックを受けていると、免疫力が低下し、健康にも大きな影響を及ぼします。

数ある静電気対策グッズの中でもぺんてる B Series ビーシリーズは楽しく除電ができるのでオススメです。ドアノブや車のドアなどに触れる直前に、キーリングを握りながら先端の導電ゴムを金属に接触させて静電気を逃がします。除電すると液晶の窓に顔のマークが表示されるんですが、除電の効果が目に見えるというのは心理的な効果もあってなかなか気持ちがよいものです。マークは一瞬で消えるときと長い間表示されているときがあるので、どうやら流れる静電気の量に関係しているようです。放電にはドアノブや車のドアなどの金属部分を利用しますが、電気製品の金属部分はくれぐれも利用しないようにしましょう。

キーホルダータイプやストラップタイプ、LED ライト付きなど、色やデザインも豊富なので用途や好みに合わせて選べます。私の場合、車のドアの開閉はもちろんのこと、家の中で使うことが圧倒的に多いので、常に身に付けておけるブレスレットタイプがあるともっと嬉しいですけどね。今のところポケットに入れて持ち歩いていますが、「あれ、どこだっけ?」なんてことがよくあります。また、バチッとくる場所がいつも決まっている場合は、静電気防止シールを使った方が早くて便利ではありますね。

これを携帯していると、どこでどのぐらい帯電するか見るためにあちこちで実験したくなります。どうやら一番帯電しやすいのは自動車で、乗っている時間に関係なくかなりの量の静電気が一瞬にしてたまるということがわかりました。

最後に、こんな便利ツールがないときの対処法をひとつ書き添えておきますね。電気のスイッチなどに触れる前に手のひら全体を壁や木製の机などに押し当てるんです。放電は金属でなくてもできますので、場所によってはこの方法である程度防ぐことができますよ。

この商品を見る   jp.gif 楽天   amazon.co.jp   us.gif amazon.com   eBay

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ


最新記事