--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美味しい冬野菜 - ターニップグリーン

2015年01月24日 18:35

TurnipG_1.jpg

こちらのスーパーマーケットってあんまり季節感は感じないものの、ここのところよく見かけるようになったターニップグリーン (turnip green)。要するにカブの葉っぱなんですが、発見して以来ちょっとしたマイブームになってます。カブの葉にも種類がいろいろあって、表面がざらざらしていたり、堅いものもありますが、これは表面に艶があってとても柔らかく、生食に向いています。アメリカではサラダにできる柔らかい青菜が少ないので、なんとも嬉しい限り。爽やかな香りで癖もあまりないですし、茎が柔らかくてジューシーなのでそのままバリバリと食べられます。見かけはちょっと違いますが、サラダ水菜と同じ感覚で使えるんですよ。浅漬けはもちろんのこと、2センチぐらいの長さに切りそろえて、白だしとごま油で和えたりするのも美味しいです。また、生の葉を適当な大きさにカットして保存袋に入れ、冷凍しておくと、汁ものの具としていつでも使えるので重宝しますよ。

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
スポンサーサイト

インカコーヒー
Naturalis Inka Coffee

2014年08月27日 16:51

InkaCoffee.jpg

インカコーヒーは大麦を主原料とする穀物コーヒーです。お茶党の私もこのコーヒーに出会ってからはリラックスタイムに欠かせない飲み物となりました。カフェインがまったく含まれていないのに、飲むとなぜかほっとするフシギな飲み物です。

「インカ」 といっても南米の製品ではなく、ポーランド製で 70 年代からある飲み物のようです。容器のデザインもなんか古めかしいですね。材料は大麦、ライ麦、チコリ、ビーツの根で、添加物や香料などは一切含まれていません。ちょっと麦茶っぽい味がするのかと思いきや、香りも味もコーヒーそのもの。でも、コーヒーの代用品というよりは、これ自体がとても美味しい飲み物だと思います。ほとんど癖がないのでとても飲みやすく、カフェインが含まれていないので、胃腸にやさしく、夜中に眠れなくなる心配もありません。デカフェを普段飲んでいる人やコーヒーの量を減らしたいと思っている方にもオススメです。ビーツの根が入っているためでしょうか、かすかに自然な甘みがあります。ストレートで飲むのが一番好き。すごく感心したのは、粒子が非常に細かいので、熱いお湯を注ぐとさっと溶けて、沈殿物がまったくないことです。水にも溶けるので、そのままアイスコーヒーにもなります。先日、このインカコーヒーを使ってきな粉とメープルシロップでちょっと和風な感じのコーヒーゼリーを作ってみたけど、なかなかイケましたよ。

インカコーヒーは、アメリカでは自然食品店などで入手できます。焙煎した大麦には、豊富な食物繊維のほか、冷え性に効果があると言われているピラジンが含まれていますが、麦茶だと多くの成分を捨ててしまうことに。このインカコーヒーだったら、簡単にぜんぶまるごと摂取できるというのもいいですね。

この商品を見る   jp.gif 楽天   amazon.co.jp   us.gif amazon.com

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ

松茸の味? - シナモンバジルの話

2012年09月04日 07:28

CinnamonBasil.jpg

夏のハーブといえば、なんといってもバジル。イタリア料理にはスイートバジル、タイ料理にはタイバジル、でも和食にはちょっと... ところがですね、先日和食に合うバジルを発見しちゃいました!

これって実はシナモンバジル (cinnamon basil) なんです。シナモンバジルはシナモンのような甘い香りのするバジルなんですが、シナモン以外にちょっと癖のある変な匂いがするなあと思ってたんです。ある日のこと、夫が「これはマツタケだ!」というので、そ、そう言われれば確かに... それ以来、お吸い物に入れても、茶碗蒸しに入れても、マツタケの香りが楽しめるのでなんかすごーく得した気分!

ちょっと調べてみたところ、マツタケの主な香り成分であるマツタケオールは、なんとキノコ以外にもラベンダーなどのミント類の精油もに少量含まれているとのこと。日本ではマツタケミントという名前で売られているキャットミントがあるそうな。うーむ。このシナモンバジルをお茶にしてみると、酸味に加えてツンとするシソ系の強い香り。タイバジルの香りにちょっと近いです。でもそれ以外に木の香りというか(このあたりがシナモンなのかもしれませんね)、土臭い感じの匂いも含まれています。

シナモンバジルはメキシカンバジルとも呼ばれ、葉はスイートバジルよりも色が濃く厚めで、薄紫色の可愛らしい花を咲かせます。甘い香りがするのでどちらかといえば料理よりもデザートに向いているとされていますけど、この大発見以来、私にとってはマツタケ以外にはもう考えられません!このマツタケ風味を存分に味わうには、きのこを一緒に使います。マッシュルームでもしめじでもしいたけでも何でもかまいませんが、一番のお勧めは食感の似ているエリンギです。ハーブティーを作る要領でお湯に香りを移すこともできますし、仕上げにシナモンバジルを散らすだけでもマツタケ風味に変身です。ナンチャッテ松茸ご飯にも挑戦。炊き立てのエリンギ入り炊き込みご飯にシナモンバジルの千切りを混ぜるだけですが、結構たっぷり目に入れた方がいいみたいです。

このシナモンバジルの苗はホームセンターの Lowe's で手に入れたのですが、一鉢に 5 本入っていた苗のうち、2 本は完全にスイートバジルで(アバウトですよね)、残り 3 本のうちの 2 本がマツタケフレーバーなんです。そういうわけで単なる偶然かもしれませんが、もしどこかでシナモンバジルを見かけたらよーく匂いを嗅いでみてくださいね。

追記:
今年 (2013年)も挑戦してみましたが、同じシナモンバジルでも苗によって香りが異なるので、なかなか同じ香りのものには出会えませんでした。でも、昨年の種から育てたものはちゃんと松茸の香りがしましたので、もし見つけたら種を採取しておくことをオススメします。また、収穫した葉っぱを乾燥させて保存しておくといつでも好きなときに使えますよ。

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ

ジューシーで美味しいハイブリッドフルーツ - プルオット

2012年07月24日 20:58

Pl_350.jpg

フルーツの美味しい季節ですねー。日本のように品種が豊富でないとはいえ、こちらでもときどきちょっと変わったフルーツを見つけることがあります。その中でも気に入っているのがプルオット (pluot) というハイブリッドフルーツ。プラムとアプリコットの交配種にはいくつか種類がありますが、プルオットはプラムが 70% でアプリコットが 30% という割合。でも遺伝子操作されているわけではなく、数代にわたる交配の結果できたものらしい。プルオットにもイエロー、オレンジ、レッド、グリーン、ブラックなどいろいろ種類があって、恐竜の卵 (Dinosaur egg) というネーミングで売られているものも。そう言われてみると、まだら模様が確かにそれっぽいかも。

プルオットは糖度が非常に高く、一口食べて「うわ、甘い!」というのが第一声。味はプラムによく似ているのですが、渋みや酸味がちょっと抑えられているような... 色によっても少しずつ味が違っていて、私は白桃の香りがする黄色のプルオットが大好き。とってもジューシーで美味しいフルーツです。

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ

生ハチミツで免疫力アップ!

2012年02月22日 22:05

honeybee_350.jpg

今年も風邪やインフルエンザに続いて花粉症に悩まされる季節がやってきましたね。私は普段から免疫力を高めるために、生ハチミツ (raw honey) を食生活の一部に取り入れるようにしています。もともとハチミツは総合ビタミン剤に匹敵するぐらい多くのビタミンやミネラルを含む栄養価の高い食品ですが、加熱処理されていない生のハチミツを利用すれば、これらに加えてハチミツが本来持っている生きた酵素を体に取り入れることができるんです。生ハチミツには、さまざまな消化酵素のほか、グルコースオキシダーゼなど抗菌・抗ウィルス、抗炎症作用のある酵素が多く含まれています。これらの酵素は口内炎、虫歯、歯周病、喉の炎症などに効果があるだけでなく、風邪やインフルエンザの予防に役立つということです。

また、住んでいる地域で採取された生ハチミツは、その地域に咲いている花の花粉を含んでいるため、花粉症などのアレルギーに効果があるとも言われています。私の家の近所にも養蜂ファームが数件ありますし、野菜の直売所などで手書きのラベルが貼られたハチミツの瓶を見かけたら、試しに買ってみるのも楽しいものです。ただし、加熱処理されていない生ハチミツには食中毒の原因となる菌が含まれている可能性や、アレルギー体質の方がアナフィラキシー反応を引き起こす危険性もあるそうですので一応注意が必要です。

近年話題のマヌカハニー (manuka honey) は、ニュージーランドに自生するマヌカ(ギョリュウバイ、ティーツリー)の花の蜜から採取されたハチミツで、メチルグリオキサールという抗菌成分を多く含んでおり、胃炎や胃潰瘍などの原因と言われているピロリ菌、大腸菌や黄色ブドウ球菌などの有害細菌に対する効果が証明されています。マヌカハニーは UMF や GMO など抗菌活性力の強さを表す数値によってグレードが付けられており、グレードによって価格もかなり違います。ティーツリーのエッセンシャルオイルは消毒薬のような匂いがしますけど、マヌカハニーの香りはそれよりはるかにマイルドで、清涼感のあるハチミツです。

一般に、生ハチミツはクリーム状または結晶化したものが多く、蜂の巣、蜜ろう、花粉、プロポリス (propolis) なども含まれています。下の写真は、左から YS Organic Bee Farms のそばハチミツ (Raw Buckwheat Honey)、生ハチミツ (Raw Honey)、マヌカハニー (Raw Manuka Honey (Active 15+) ) で、ずいぶんと色に違いがあるのがわかると思います。色の濃いハチミツほど抗酸化成分を多く含んでいるということです。写真中央の生ハチミツはほとんど癖がなく、非常に食べやすいハチミツです。そばハチミツは独特の匂いがあるので苦手な人も多いと思いますが、私はもっぱら外用薬またはスキンケアに利用しています。

honey_comp.jpg

生ハチミツは、酵素や栄養素を壊さないためにもそのまま食べるのが一番です。トースト、パンケーキ、クラッカー、シリアルのほか、ヨーグルトやチーズ、フルーツなどに添えてもいいでしょう。室温で保管するとパンに塗れるぐらい柔らかくなりますが、どうしても溶かしたいときは 40℃ぐらいで湯煎します。体温と同じぐらいの温度になると液状になりますが、45℃を超えると酵素や栄養素が壊れたり、変質することがあるそうです。マヌカハニーの場合は熱を加えても抗菌性に影響しないとのことですが、できるだけそのままの形で摂取するのがいいみたいです。

生ハチミツは自然に発酵が進みますので、賞味期限は普通のハチミツよりも短くて 2 年ほどだそうです。温度が高いと発酵の進み具合も早くなります。長期保存する場合は冷暗所に保管しますが、結晶化することもあります。

ハチミツは、やけどや切り傷、皮膚病などの外用薬としても古くから使われています。私はときどきハチミツ湿布をするのですが、朝起きて湿布を剥がすと、気になる部分がすっきりとして気持ちがよいです。ただ、ハチミツは体温で溶けて流れますので、衣服などにハチミツがついてべたべたにならないように工夫する必要がありますけどね。ハチミツには高い保湿効果があるので、皮膚に潤いを与え、肌の状態を整える働きもあります。アメリカでは蜜ろうなどを使ったバーツビーズ (Burt's Bees) のスキンケア製品が入手しやすいので、私もリップバーム (Burt's Bees Honey Lip Balm Tube) などを愛用してますが、食用の生ハチミツをマッサージに使ったり、お風呂に入れたり、化粧水に少量加えるという方法もあります。

【栄養・効能】

ビタミン B1、B2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミン B6、葉酸、ビタミン C、ビオチン、コリンなどのビタミン類、カルシウム、鉄、銅、カリウム、ナトリウム、リン、マンガン、セレン、亜鉛、ケイ素、マグネシウムなどのミネラル類、グルコースオキシダーゼ、α-グルコシダーゼ、アミラーゼ、ジアスターゼ、カタラーゼ、ホスファターゼなどの酵素、各種アミノ酸、抗酸化物質のポリフェノールなどが含まれています。有機酸のグルコン酸は腸内のビフィズス菌を増やし、腸内環境を整えます。ハチミツに含まれている糖質は主にブドウ糖と果糖で、砂糖(ショ糖)と異なり短時間で体内に吸収されます。また、腸内の善玉菌を増やし、便秘や下痢を改善するオリゴ糖も含まれています。なお、ハチミツは 1 歳未満の乳児には与えないようにしてください。

関連商品を見る
生はちみつ          jp.gif 楽天   amazon.co.jp   us.gif amazon.com
マヌカハニー         jp.gif 楽天   amazon.co.jp   us.gif amazon.com
バーツビーズ製品   jp.gif 楽天   amazon.co.jp   us.gif amazon.com

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。