--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカでもゴボウ茶

2013年05月08日 20:47

Gobocha_350.jpg

かなり前の話になりますが、アメリカで「食べられる野草」の野外講座に参加したことがあるんです。近所の公園に集合して、身近な場所に生えていて、しかも食べられる植物をみんなで探索するというものなんですが、先生が濃い緑色の大きな葉っぱと長い茎を持つ植物を指差して「これはゴボウ (burdock) といいまして、根っこは食べられます。」と言った後、私の方を向いて「あなたは知ってるわよね?」と。実のところ、「へえー、アメリカにも野生のゴボウが生えているのかー」とちょっとびっくり。その後も、それらしき植物を何度か見かけたことはあるけれど、さすがに掘って確かめてみる勇気はなく...

さてさて今日は、私も日本で話題になったゴボウ茶を作ってみました。作り方を検索してみると、結構手間がかかりそうな感じなんですが、ブレンダーとディハイドレーターを使ったら簡単にできちゃいました。

1. ごぼうを洗って泥を落とします。ゴボウの有効成分は皮の部分に多く含まれているため、皮は剥かず、水にもさらしません。
2. ごぼうを細かく切ります。ささがきにする場合が多いようですが、私はみじん切りにしました。たくさん作るときはフードプロセッサーやブレンダーなどを使うのが便利です。まず、繊維と直角に薄い輪切りにしてからバイタミックスにかけてさらに細かくしました。大きさに多少ばらつきがあっても問題ありません。
3. ごぼうを乾燥させます。私の場合は、ディハイドレーターを最高温度(68℃)に設定して 3 時間ほどで乾きました。
4. フライパンでよく炒ります。香ばしい匂いがしてきて、きつね色に色付いたら出来上がり。

183_BurdT.jpg

正直言って味の方はぜんぜん期待してなかったのですが、かなり美味しいです。とってもいい香りで甘みも十分あり、ゴボウ好きの人ならいくらでも飲めそうです。美味しくするポイントは炒り加減で、よく炒ることで香ばしさが増しますが、焦がしすぎると苦味が出ます。

このゴボウを粉末にしてぜーんぶ飲んでしまえば、食物繊維をまるごと摂取できるというわけで、ゴボウパウダーも作ってみました。さきほど作ったゴボウ茶をバイタミックスにかけて粉末状にするだけです。

こちらは粉っぽさがちょっと気になるのと、雑味が出てきますが、まあ美味しく飲めます。お味噌を加えるともっと飲みやすくなります。

美味しいのでたくさん作って常備しておきたいところですが、ゴボウはどこででも手に入るわけではないんですよねー。わざわざ作るのは面倒だけど、アメリカでゴボウ茶をちょっと試してみたいという人はこちらをどうぞ。

DetoxTea_150.jpg

Traditional Medicinals 社のオーガニックエブリデイデトックス (Organic Everyday Detox Lemon) です。スーパーでたまたま見つけて、外箱にアザミのような花の絵があるので何だろう?と手にとってみると、なんと主原料がゴボウではないですか!その他にネトル、タンポポの根、レモンマートルなどが配合されています。レモン系の香りがかなり優勢なのですが、味はしっかりゴボウでした。土臭さををレモン系の香りで消そうとしているという印象はありますけどね。ゴボウにはデトックス効果もあるんですね。同社から Burdock root というゴボウだけのハーブティーも出ています。また、Alvita 社の Burdock Root Tea もなかなか便利です。私はお茶として利用するのでなく、乾燥ごぼうとして使ってます。1パックずつ中身もぜーんぶ入れると、お手軽にごぼうのインスタント味噌汁が作れますよ。

AlviataBurdockTea.jpg

【栄養・効能】

ゴボウの根には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が豊富に含まれています。利尿作用や整腸作用があり、便秘の解消に役立つほか、体を温め、体内の毒素を取り除く効果があります。また、ゴボウに含まれているアルギニンは女性ホルモンの分泌を促します。その他、カリウム、リン、アスパラギン酸なども多く含まれています。

関連商品を見る   jp.gif 楽天   amazon.co.jp   us.gif amazon.com

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
スポンサーサイト

ヒマラヤ岩塩でスッキリ!

2013年03月06日 00:50

146_1_HimaS.jpg

ヒマラヤ岩塩 (hymalayan salt) は、はるか遠い昔に海水だったものが蒸発して塩となり、その後の地殻変動によって押し上げられ、ヒマラヤ山脈の山麓で採取されたものです。塩にはもともと浄化、消臭、抗菌作用や体を温める作用などがありますが、ヒマラヤ塩は数ある自然塩の中でも最も強力な浄化作用を持つと言われています。

ヒマラヤ塩はミネラルの宝庫です。主な成分はナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、マンガン、亜鉛、硫黄です。ヒマラヤ岩塩には透明、ホワイト、ピンク、レッド、ブラックなどがありますが、色の濃いものほど鉄、マンガン、亜鉛、硫黄の割合が多くなっています。ブラックソルトまたは Kala Namak は硫黄を多く含んでおり、茹で卵のような匂いがします。インドでは食用のほか、伝統医学のアーユルヴェーダでも使用され、お腹にガスがたまるのを防いだり、高血圧や胸焼けに効果があると言われています。

ミネラル分を多く含む塩は味がまろやかで、しかも深みがあり美味しいものです。ちなみにヒマラヤ塩をお湯に溶かして飲んでみたところ、とても塩だけとは思えない複雑な味にびっくり。一瞬昆布ダシが入っているのかと思ったほどです。ヒマラヤなのにやっぱり海塩なんですねー。特にシンプルな味付けの料理では美味しい自然塩を使うと素材の味が引き立つので、私もここぞと思うときはヒマラヤ塩を使います。料理に使う場合は、食用であることを確かめてから購入しましょう。鉄分や硫黄など、特定のミネラルを多く摂取することを避けたい場合は薄い色のものを選んだ方がよいかもしれません。ヒマラヤ岩塩は、ブロック (rock)、粗い粒 (coarse)、パウダー (fine) などの形状で販売されています。パウダー状のものはそのまま使えるので一番便利です。ブロック状の岩塩は下ろし金ですりおろし、粗挽きのものはミルを使って挽きます。

また、ヒマラヤ岩塩をバスソルトとして使うと、全身の強力な浄化に効果があります。お風呂に塩を入れると、血行が良くなり、体がぽかぽかして湯冷めしにくいのですが、ヒマラヤ岩塩には硫黄などのミネラル分も含まれているので、温泉効果も楽しめます。入浴の後シャワーなどで洗い流さずにそのままにしておけば、さらにぽかぽか効果は長続きしますし、塩風呂を継続的に活用すると、冷え性や低体温症の改善にも役立ちます。入浴前にお湯で少量の塩を溶かしたものをコップ一杯飲むとさらに効果がアップ。入浴に使用する岩塩はどのタイプでもたいてい大丈夫ですが、ブロック状の岩塩を使う場合は小石などが中に含まれていることがありますので、目の細かいネットなどに入れるとよいでしょう。浄化作用は強力ですが、皮膚がピリピリしたり、刺激が強いこともあるので皮膚が弱い方は注意してください。また、消臭・殺菌作用があることから、salt bar という名前で売られているブロック状のものもあり、デオドラントとして使うことができます(ただし普通のクリスタル岩塩のデオドラントに比べて、刺激は結構強いです)。

ヒマラヤ岩塩の中にパワーストーンをしばらくの間埋めておくと、浄化することができます。ただし、ペンダントヘッドや指輪など金属の付いている石には使えません。また、塩に弱いパワーストーンもありますので、調べてから使いましょう。

そのほか、置いておくだけで環境を浄化する効果もあります。盛り塩にしてもよいし、マイナスイオンを放出するといわれている岩塩ランプやキャンドルホルダーなども人気がありますね。寝室に置いて、就寝前にしばらくの間ライティングしておくとリラックスできますよ。

146_2_RockSL.jpg

関連商品を見る   jp.gif 楽天   amazon.co.jp   us.gif amazon.com

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ

冬場の乾燥対策 - ごま油でスキンケア

2013年01月11日 12:34

124_SesaO.jpg

今年もインフルエンザが流行し始めましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。私は寒いのも苦手ですが、それよりももっと辛いのが空気の乾燥なんです。冬の寒さが厳しく、全館暖房システムを使用している建物では、湿度が極端に低下します。皮膚が乾燥してガサガサになり、あちこち痒くなったり、さらにひどくなると体内の水分代謝がうまく機能しなくなり、このような状態が続くと免疫力も低下するので、風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。皮膚は人体で最大の臓器とも言われており、健康状態のバロメーターでもあるのです。

今日は、インドのアーユルベーダ医学に基づくアビヤンガ (Abhyanga) というオイルマッサージを取り入れたスキンケア方法を紹介します。冬の健康維持に役立つだけでなく、スキンクリームを塗ったぐらいではとても追いつかない極度の乾燥肌の人や、市販のスキンクリームにかぶれやすい人にもオススメの方法です。

オイルマッサージなんていうと、贅沢なスパにでも行くか、アロマセラピーの専門家のところに行かないと受けられないような気がしますけど、決してそんなことはありません。この方法は自分で簡単にできますし、忙しいときにはテレビを見ながらでも、メールを読みながらでもできますよ。

使うのはなんとごま油。ごま油はあらゆる体質の人に合うそうですが、体を温める作用があるので特に冬場使うのに適しています。でも、料理に使う茶色のごま油 (toasted sesame oil) ではありませんよ! 焙煎せずに精製されたごま油ということで、私はヘルスフードストアなどで手に入る冷圧搾の有機ごま油 (cold-pressed sesame oil) を使っています。日本では無色透明の太白胡麻油がよく使われているようです。このような「生絞り」のごま油を使う場合は、皮膚から吸収しやすくするために、一度 100℃ (華氏 212 度) ぐらいに加熱します。もちろん市販されているアーユルベーダの体質別マッサージオイルを入手してもいいのですが、ごま油に自分の好きなエッセンシャルオイルをごく少量ブレンドすれば簡単に作れちゃいます。体を温める作用のあるエッセンシャルオイルには、シナモン、ナツメグ、ブラックペッパー、レモングラスなどがあります。私は頭がスッキリするローズマリーを入れることが多いかな。ただし、皮膚の非常に弱い方は量を控えるか、何も入れない方がいいと思います。

本格的なアビヤンガマッサージでは、たっぷりのオイルを使用して頭から足の先まで全身をマッサージして、その後石鹸や熱い湯を使わずにシャワーで軽くオイルを落としますが、ここでご紹介するのは 2 ~ 3 分もあればできるカンタンバージョンです。衣服を着た状態で行い、後で洗い流さないので、オイルが付着しても大丈夫な衣服や靴下を着用するようにします。

このマッサージは朝食前、そして夜の入浴後に行うのが効果的です。用意したオイルを容器に入れて、湯煎などで人肌ぐらいに温めます。温かいオイルを使ってマッサージするととても気持ちがいいのですが、温める時間のないときは常温で OK。このブレンドオイルを小さな詰め替え用ボトルに入れておくと、いつでもどこでもすぐに使えるので便利です。

ごく少量のオイルを指先に取り、まず頭皮を頭頂部分からマッサージします。指の腹を使ってギュッギュッと押し込むようにします。オイルは皮膚に塗るというよりも、皮膚下に浸透させるのが目的なので、よく摺りこんで、皮膚の表面にオイルがなるべく残らないようにします。抜け毛など、髪の毛に問題がある場合も、頭皮のオイルマッサージは効果があるそうです。次は両耳です。特に眼の疲れやすい人は、耳の外側の部分を引っ張るようにして(痛いですが)マッサージすると効果があります。そして最後が足裏です。乾燥しやすいかかとの部分は特に念入りに。私は毎年冬になるとかかとのガサガサが気になっていましたけど、このマッサージをしばらく続けていたらびっくりするぐらい良くなりました。ハイ、これで終わりです。え、たったこれだけ?という感じですが、必須ポイントは頭皮、耳、足裏の 3 ヶ所です。それ以外に体の中で気になっている場所も加えます。皮膚が部分的に乾燥して痒くなったりする場合は、その付近の臓器に問題がある場合もあるので、その部分をいたわりながらマッサージします。手の甲、手首、足首、向こう脛などもオイルが良く浸透するポイントです。終わったらシャワーを浴びてもかまいませんが、私は基本的にそのまま過ごします。ただ、指先などよくものに触れる部分は最後によく拭き取るか、石鹸で洗い流します。しばらく経つとオイルが浸透して皮膚にハリが出てくるのがわかります。もともと私は油分の多いスキンクリームが嫌いなので、皮膚に直接油なんか塗ったらベタベタして大変だろうと思いましたが、意外にさらっとしているし、こちらの方がクリームより断然快適です。ちょっと自分がサラダかなんかになったような気がしますけどね。若い頃は脂性肌だったのになー。年齢とともに体質もずいぶん変わるものです(涙)。

体質といえば、インドのアーユルベーダ医学ではドーシャと呼ばれる体質を 3 種類に分類しています。私は冷えや乾燥にとても影響を受けやすいヴァータ体質でして、特に冬に体調を崩しやすいのですが、「薄いごま油の膜で体の表面を覆っておくことは、皮膚の調子を整え、ヴァータのバランスをとり、日中筋肉を暖かく保つのに非常に大きな効果がある」ということです。アーユルベーダについてもっと詳しく知りたい人は、ディーパック・チョプラ氏の『チョプラ博士のクォンタム・ヘルス』がオススメです。

このアビヤンガマッサージは、皮膚の状態を整えるだけでなく、寒い時期に鈍りがちな代謝機能や生理機能を回復させ、末梢神経の働きを高めて血液の循環を良くし、体に溜まった老廃物を排出しやすくします。乾燥でお困りの方は是非一度試してみてくださいね。

関連商品を見る   jp.gif 楽天   amazon.co.jp   us.gif amazon.com

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ

FES スキンクリーム セルフヒール
FES Self-Heal Skin Creme

2011年07月11日 15:57

SelfHeal.jpg

森の中の散歩道を歩いていたら、日陰にひっそりと咲く花とふと目が合いました。可愛らしい薄紫色の小さな花をいっぱいつけています。「あっ、これは」と思ってよく見ると、私がいつも愛用している FES スキンクリームの「セルフヒール」でした。春に咲くホトケノザに雰囲気がちょっと似ていますね。いったいどこにあるんだろうと思っていたので、見つけたときは嬉しかったです。このセルフヒール (和名ウツボグサ) はシソ科の植物で、皮膚の外用治療薬や内服強壮剤として古くから利用されてきたそうです。

SelfHealCreme.jpg

FES スキンクリームには、セルフヒールの薬草抽出成分とフラワーエッセンス、さらにカモミール、カレンデュラ、セントジョンズワートの抽出成分と、オレンジ、ラベンダー、イランイラン、ジャスミン、ぜラニウムのエッセンシャルオイルが配合されています。

ナチュラルでとても柔らかな香りが気に入っているのですが、その昔、飛行機の中でこのクリームを塗っていたら、隣に座っていた人が「まあ、なんていい香り!」と話しかけてきたこともありました。

このクリームは、肌の保湿や再生に、打ち身、やけど、すり傷などの緊急時に、また湿疹やアトピーなどの皮膚のトラブルに広い範囲で使用できるということです。私自身は、皮膚の問題以外にも、身体の気になる部分に塗ったりして使っています。

セルフヒールのフラワーエッセンスも FES から出ています。「自己を癒す」という名前が示しているとおり、自己の回復力に対する信頼を取り戻し、自分自身の癒しの旅路に責任を持って取り組むもうとしているすべての人に有効なレメディです。

この商品を見る   jp.gif 楽天   amazon.co.jp   us.gif amazon.com

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ

ヤロウで作る自家製フラワーエッセンス

2011年06月16日 22:37

FlowerEssence_Bowl.jpg

私の住んでいるところもいよいよ夏本番を迎えました。近所の野原ではホワイトヤロウ (西洋ノコギリソウ) の花が一斉に咲き始めました。

今年はこのホワイトヤロウを使ってフラワーエッセンスを作ってみようと思っていたんです。ここしばらく雨続きの天気が続いていましたが、昨日は満月で朝からよく晴れていましたので、フラワーエッセンスを作るのに絶好の日になりました。

ヤロウを中心とした花の抽出液とフラワーエッセンスをブレンドした FES のヤロー環境フォーミュラ (Yarrow Environmental Solution) は放射線対策として注目されています。フラワーエッセンス/フラワーレメディについての基本的な説明やこのフォーミュラについては、こちらをご覧ください。

用意するものは、採取用のピンセットやナイフ、ワックスペーパーを敷いたバスケット (なくても OK)、天然塩などで浄化したガラスのボウル、水を漉すための布 (金属性でないもの)、保存用の瓶、天然水または井戸水、ブランデーまたは酢などです。

朝はちょっと早起きして出発です。フラワーエッセンス作りには、植物のエネルギーレベルが最も高いとき、つまり満月でよく晴れた日の午前中が良いとされており、汚染されていない場所に自生している最盛期の花を選びます。また、植物の波動を扱うため、作る人の意識が作成するフラワーエッセンスに影響を与えることも理解しておく必要があります。

ナイフやピンセットなどを使って花に直接触れないように採取します。次に、ミネラルウォーターをガラスのボウルに入れ、摘んできた花を水の上に並べます。花に付いたゴミや虫、茎や葉などを取り除き、花が上を向くようにして水の上に浮かべます。このボウルを 2 ~ 4 時間太陽の光が当たる場所に置いて、花の波動を水に転写します。これらの作業はすべて、花を採取した場所で午前中に行うのが理想的です。

こうして出来たものがフラワーエッセンスの原液です。お花をボウルから取り出し、感謝の気持ちを込めて土に返します。

原液を保存用の瓶に入れ、同量のブランデーを注ぎます。お酢を使っても良いそうですが、ブランデーの方が保存期間は若干長くなります (1 ~ 2 年)。その後で一度振動を加えます。このボトルはマザー・ボトルと呼ばれます。

この後、さらに水やブランデーを加えることによってストックボトルという治療用のボトルが作られます。30 ml のストックボトル (遮光瓶) に原液を 2 ~ 10 滴入れ、30 回振動させて活性化します。

まずは、ミネラルウォーターとブランデーを 8 対 2 の割合で入れたストックボトルとスプレー用のボトルを作ってみました。使い方としては、水やお茶を飲むときに数滴加える、お風呂に入れる、自分やその周囲にスプレーする、スキンクリームや化粧水に加えるなどの方法があります。

ヤロウのエッセンスを必要とする人のタイプは、周囲の環境に影響されやすく、アレルギーなど、環境に起因するさまざまな病気にかかりやすい人。また、他人や環境からネガティブな影響を受けやすく、エネルギーを消耗しやすい人。ヤロウのエッセンスは保護やバランスを取り戻すための力を与えてくれます。

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。