--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラプス コンベクション オーブン トースター
Krups Convection Toaster Oven

2010年10月29日 10:07

Krups_toasteroven.jpg

秋も深まってきて、いよいよベーキング・シーズンの到来です。アメリカではハロウィン、感謝祭、クリスマスと大きな行事が続くので、多くの家庭ではオーブンを使う機会が普段よりも増えます。

アメリカの家庭では、ほとんどのキッチンに大型のオーブンが備え付けになっているのですが、このようなオーブンは予熱にかなり時間がかかり、ちょっとしたものを調理するのには効率が良くありません。

今から 1 年ほど前、我が家で長年使っていた小型のオーブントースターが壊れたので、買い換えることになりました。お魚が美味しく焼けるという日本製のオーブンにも魅かれたのですが、トーストにも焼き魚にも使える多目的なオーブンが欲しかったので、このコンベクションオーブンを買うことに決めました。まず驚いたのが予熱の必要がほとんどなく、立ち上がりが非常に早いということです。また、パワーも非常に強いです。焼き魚はグリル機能(上火のみ)を使ってたったの 5 分でできます。上のラックに置けば、短時間で焦げ目をしっかりつけることができます。下のラックに置けば、「遠火の強火」で魚の皮を焦がすことなくぱりぱりに焼くことができます。また、冷凍状態からの天ぷらの温め直しは、約 3 分で揚げたてのようにカリカリになります。ただし、焦げやすいので、ちょっと目を離したすきに...なんてことがあります。

一番良く使うグリル機能の話ばっかりになってしまいましたが、もちろんこのオーブンの最大の特徴であるコンベクション (対流) 機能を利用すると料理の幅が大いに広がります。このオーブンには「Bake」と「Conv. Bake」 という 2 つのボタンが付いていて、従来のオーブン機能またはコンベクション機能のどちらかを選べるようになっています。コンベクションの方を選ぶと、ファンでオーブン内の熱気をかき混ぜるので、熱伝導が早く、ムラなく焼けるという利点があります。ただ、これには素材が乾燥しやすいという欠点があります (全体を乾燥させたい場合はかえって好都合ですが)。日本で人気のあるスチームコンベクションオーブンはこの水分を補うことができるわけですけど、このオーブンを使う場合には、乾燥を避けるためにトレイに熱湯を入れて蒸気を発生させます。たとえば、うなぎの蒲焼やローストチキンなどをふっくら仕上げるにはこの方法が向いています。

温度は約 65 度~ 232 度(華氏 150 度 ~ 450 度)に設定できますが、レシピに書いてある「オーブンに入れて○○度で○○分」という指示があまり参考になりません(笑)。実際はそれよりも早く出来上がることが多いんです。そういうわけで、慣れるまでにはちょっと時間がかかりますが、調理時間も短くなり、大変効率の良いオーブンです。

結局、肉・魚・野菜のローストでも、グラタンでも、ケーキでも何でも OK なので、キッチンに備え付けの大型ガスオーブンはほとんど出番がなくなりました。

付属品としては、普通のトレイと丸い小さな穴があいているトレイ (どちらもテフロン加工) が付いています。穴あきトレイを普通のトレイの上に重ねて使うと、肉をローストするときなどに余分な油が下に落ちるようになっています。また、下のトレイに熱湯を入れておけば、蒸し料理ができます。それからもう1つ。実はこの穴あきトレイは、お餅を焼くときにもとっても便利なんですよ。お餅を金網の上に直接乗せると、焼いているうちに金網の間からお餅が垂れて困るんですよね。最近はアルミ製やシリコン製の餅焼き専用トレーがありますが、この穴あきトレーを使えばくっつかずにきれいにお餅が焼けます。

このオーブンの短所はいくつかあります。まず、重いこと。ポータブルなオーブンとはとても言えません。サイズも大きめです。また、オン/オフ スイッチがダイヤル式でなくボタン式なので、比較的壊れやすいこと。現在のオーブンは2台目なんですが、購入してから約1年でオン/オフ スイッチが壊れたので、非常に慎重に使っています。

この商品を見る   us.gif amazon.com
関連商品を見る   jp.gif 楽天   amazon.co.jp   eBay

にほんブログ村 料理ブログ 調理器具へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

かぼちゃの塩煮

2010年10月25日 01:40

Kabocha-shioni_300.jpg

とてもシンプルで、後でいろいろと応用のきくかぼちゃ煮です。日本のかぼちゃに似ていて、海外で手に入れやすいバターカップ・スクワッシュとカボチャ・スクワッシュについては、こちらをご覧ください。

【材料】
かぼちゃ:半玉ぐらい
水:かぼちゃがひたひたになるぐらい
自然塩 小さじ1
酒:大さじ3

【作り方】
1. かぼちゃをひと口大に切ります。
2. 鍋にかぼちゃがひたひたになるぐらいの水を注ぎ、塩を入れます。鍋は、厚手のものを使ってください。ルクルーゼの鍋や土鍋などがお勧めです。
3. 落し蓋をして、中火にかけます。
4. ぐつぐつしてきたら、弱火にして 6 ~ 10分ぐらいで様子を見ます。皮を剥いてある場合は柔らかくなるのも早いです。
5. かぼちゃが柔らかくなったら、水分を残して火を止めます。
6. 鍋のふたをしたまま、火から下ろし、しばらくの間そのまま置いておきます。

ポイントは、落し蓋を使い、さらに鍋の蓋をすること。また、火から下ろした後も余熱で調理すること。翌日以降も保存する場合は、水分を取り除いてから容器に入れること。汁に漬かったままですと、水っぽくなってしまうためです。残った汁は甘みがありますので、後で他の料理(味噌汁など)に使いましょう。

クーンリコン スイス ピーラー (皮むき器)
Kuhn Rikon Swiss Peeler

2010年10月24日 01:22

Kuhn Rikon Swiss Peeler

Y字型の小型ピーラーです。一見ぺらぺらっとしてちょっと頼りない感じなんですが、手によくなじみ、使いやすいです。驚くほど切れ味が良く、なんと硬いかぼちゃの皮もこれで剥くことができます。数年間使用していますが、切れ味がいっこうに落ちません。各種カラーが揃っています。私はY字型でないとだめなんですが、縦型のものも使いやすいみたいです。



この商品を見る   us.gif amazon.com   eBay

にほんブログ村 料理ブログ 調理器具へ
にほんブログ村

バターカップ・スクワッシュとカボチャ・スクワッシュ

2010年10月23日 09:48

Buttercup.jpg

アメリカで売られているかぼちゃで一番日本のかぼちゃに近いのはバターカップ・スクワッシュ(Buttercup squash)(写真左)とカボチャ・スクワッシュ(Kabocha squash)(写真右)です。スーパーマーケットでこの2つが並んで売られていたので、どこが違うのか見比べてみました。バターカップ・スクワッシュは角ばった感じがするものが多いけれど、見た目だけでは正確に判断できなかったです。いずれにしても、選び方のコツとしては、ずっしりと重量感があり、濃い緑色で艶があり、ヘタの部分が枯れているもの(完熟しているもの)を選びましょう。

アメリカのかぼちゃは外側にワックスが塗ってあるものも多いので、皮付きのまま調理する場合は注意が必要です。ワックスをはがすか、皮を剥く必要があります。野菜はできるだけ丸ごと利用したいのでこれはちょっと残念なんですが(涙)。皮はピーラーを使えばすばやく剥くことができます。ただし、よく切れるものを使わないとかえって恐いです。私が使っているのは Kuhn Rikon の Swiss Peeler で、小さいですが硬いかぼちゃの皮も剥けるので重宝しています。

アメリカのかぼちゃは水っぽくて甘みが少ないので煮物には向かないとお思いの方も多いと思います。でも、実際には美味しいものもありますし、ちょっとした調理の工夫で美味しく食べることができます。同じ種類のかぼちゃでも、水分量や甘みはそれぞれ異なるので当たり外れがありますし、実際に調理してみないとわからないことが多いんです。私はまず半分を塩煮して、どんな具合か様子を見ることにしています。どういうわけか私は昔から醤油と砂糖を使ったかぼちゃ煮が昔から苦手だったのですが、この方法を見つけてからは頻繁に作るようになりました。自然塩を使うことでかぼちゃ本来の甘みを引き出すことができるのと、シンプルな味付けなので後で加工がしやすいというのも魅力です。

かぼちゃに十分甘みがあり、日本の栗かぼちゃのようにホクホクしていたらラッキー+大成功です。先日、カボチャ・スクワッシュを塩煮してみたところ、出来立てはほとんど甘みがなくてがっかりしたのですが、一晩置いておくとあら不思議!甘みが増し、食感もパサパサした感じからねっとりした感じに変わっていました。

炊いたかぼちゃに甘みや風味が足りない場合は、マヨネーズや味噌マヨネーズソースを添えて温かいサラダにします。バルサミコ酢+はちみつ+醤油、ローストしたガーリックを添えても美味しいですよ。また、水っぽかったり、パサパサしている場合は、マッシュしてからマヨネーズ、酢などで味を整えてかぼちゃサラダ(ポテサラのかぼちゃ版です)にします。そのほか、グラタンやかぼちゃコロッケにしたり、牛乳や豆乳を加えてポタージュにします。

かぼちゃの塩煮のレシピはこちらです。

【栄養・効能】
βカロチン(特に皮の部分)、ビタミンEを豊富に含んでいるかぼちゃは、胃腸の吸収力を高めて元気をつけます。抗酸化作用があり、免疫力を高める効果があります。

かぼちゃいろいろ - どれがパンプキン?

2010年10月22日 17:30

varioussquash.jpg

アメリカでは夏の終わりぐらいからファームやスーパーマーケットにいろいろな種類のかぼちゃが並びます。食用になるものだけではなく、主に飾り付けに使われるカラフルなかぼちゃやひょうたんなんかもあります。大きさも、ミニパンプキンと呼ばれる手のひらサイズのものから 1 メートルを超える巨大なパンプキンまでさまざまです。

ここではアメリカで比較的手に入りやすく、食用になるものを集めてみました。

さて、この中でパンプキンはどれでしょう? えっ? 私もパンプキン=かぼちゃと思っていたんですが、写真のかぼちゃはすべてスクワッシュという分類になり、この中では左から2番目のオレンジ色のかぼちゃが唯一のパンプキンなんだそうです。大型のイエロー・パンプキンはハロウィン用に中身をくり抜いてジャック・オー・ランタン (Jack-O-Lantern) を作るために栽培されたパンプキンで、繊維が多く食用には適さないようです。

ちなみに写真のスクワッシュはすべてウィンター・スクワッシュ(冬かぼちゃ)と呼ばれます。ズッキーニやイエロー・スクワッシュもスクワッシュですが、こちらは皮の柔らかいサマー・スクワッシュの仲間です。

上の写真は、一番左がカボチャ・スクワッシュ、左から2番目奥の黄色いかぼちゃがスパゲティ・スクワッシュ(日本ではそうめんかぼちゃまたは金糸瓜、詳しくはこちらの記事をどうぞ)、左から3番目奥がバターナット・スクワッシュ、左から2番目の手前側のオレンジ色のかぼちゃがパンプキン・パイに使われるパイ・パンプキンまたはシュガー・パンプキン (詳しくは、こちらの記事をどうぞ)、左から3番目の手前側がエイコーン・スクワッシュ、一番右がバターカップ・スクワッシュです。

この中で日本のかぼちゃに一番近いと思われる品種はカボチャ・スクワッシュとバターカップ・スクワッシュです。詳しくは、こちらの記事を見てくださいね。

かぼちゃの中でも特に大型のハバードスクワッシュ (hubbard squash) については、こちらの記事をご覧ください。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。