中華鍋のススメ
Iron wok

2011年05月30日 12:01

Wok_250.jpg
本格的な中華料理を作るなら中華鍋は必携です。私は少量の炒め物は鉄製のスキレットで済ませてしまうことが多いですが、野菜がたっぷり入った五目炒めや麻婆豆腐、チャーハンなどはこれがないと始まりません。表面積が広く、熱伝導率も良いので、中華料理だけでなく、長時間煮込まずに水分をすばやく蒸発させて、素材の持ち味を活かしたいすべての料理に向いています。

選ぶときは、底が丸くて深い鉄製の北京鍋がお勧めです。以前、平底でステンレス製の中華鍋を持っていましたが、非常に重くて焦げ付きやすく、非常に扱いにくかったです。実際、今持っている鍋の大きさは前のものとそれほど変わりませんが (直径 36 cm)、はるかに扱いやすいです。一般的に中華鍋は大きいですが、薄手なので比較的軽く、動かしやすいんです。丸底のものを選ぶ理由もここにあって、鍋をどの角度にも自由にスライドさせて動かせるのと同時に、鍋の中で材料をすばやくスムーズに動かせるというメリットがあります。ただし、丸底の場合はガスコンロの上で安定させるためのリング (Wok ring) が必要になりますし、IH 調理器では使えません。

この中華鍋の特徴を最大限に活かすためにも、鍋底の曲線にぴったり合うお玉またはスパチュラを手に入れましょう。これがあれば、鍋をあおることができなくても (涙)、鍋の中の材料を一気に動かすことができます。また、鍋をスライドさせるだけで、プロがやっているように一瞬火を入れて香ばしい炒め物を作ることも可能です (火事には十分注意してください)。

中華鍋は、蒸しカゴを使って大量の蒸し物を作るときにも使います。鍋に水を張ってその上に 2 段または 3 段の大型セイロを置きます。これで茶碗蒸し、シュウマイ、肉まん、まんじゅう、おこわなどを一度にたくさん作ることができます。また、底が深いので少量の油で揚げ物をする場合にもいいんですよ。ただし、鍋がリングの上で安定していることが重要です。煮込みの場合は、中の見えるガラス製の蓋があると良いでしょう。そのほか、私は石焼き芋なんかを作るときも使っています (「アメリカのさつまいもで石焼きいも対決!」の記事を参照)。

ハンドルは片手鍋の方が良いと思います。木製のハンドルはいつかは壊れますので、長く使いたい場合は鉄だけを使ったものをお勧めします。ただし、熱くなりますので鍋つかみやタオルを使う必要があります。

鉄製の中華鍋を初めて使うときは全体を空焼きする必要があります。普段のお手入れは、洗剤を使わずお湯で洗い、熱して水分をとばし、薄く油を塗っておきます。確かに収納場所を取りますが、3 ~ 4 人家族で中華料理が大好きであれば、何かと出番の多い鍋となることは間違いありません。

海外では大型の中国系スーパーマーケットで扱っていますので、実際に持ってみて自分の手になじむものを購入しましょう。私は中華街の調理器具専門店で手に入れました。

関連商品を見る   jp.gif 楽天   amazon.co.jp   us.gif amazon.com   eBay

にほんブログ村 料理ブログ 調理器具へ
にほんブログ村

生海苔の美味しい食べ方

2011年05月07日 21:02

NamaNori.jpg

韓国系スーパーに買い物に行ったら生の海苔があったので買ってみました。青々としていてとても良い磯の香りがします。でも、そのまま食べるとちょっと生臭かったですね。お味噌汁に入れる場合は、臭みを和らげるためにしょうがを少し加え、刻みネギをたっぷり入れるといいみたいです。

今日はこの生海苔を使った料理で特に美味しかった二品をご紹介します。

生海苔と長芋の和え物

生海苔:30 g (水を絞った状態)
長芋:80 g
卵の黄身:1 個分
たれ:醤油、めんつゆ、ポン酢など
薬味:わさび、ゆず胡椒、アサツキ、スキャリオン (scallion)、チャイブなど

1. 長芋の皮を剥き、ジップロックに入れて、すりこぎなどで荒く叩き潰します。薬味用のネギなどはみじん切りにしておきます。
2. 生海苔は洗って水気をペーパータオルなどで拭き取っておきます。長い場合は食べやすい大きさに切ります。
3. 叩き潰した長芋に生海苔を混ぜて器に盛り、上に卵黄またはうずらの卵をのせます。
4. お好みのたれをかけて食べます。

そのままご飯の上にのっけてももちろん美味しいです。先日作った三五八漬けの素を醤油にちょっと加えてみましたが、激ウマでした。

海苔といえば、私は子供のときから卵かけご飯にたっぷり海苔の佃煮を載せて食べるのが大好き。知ってました? 夫からは変な目で見られるんですが、美味しいので是非お試しを。というわけで、海苔の佃煮も作っちゃいました。

生海苔の佃煮

Nori_tsukudani.jpg

【材料】
生海苔:75 g
醤油:大さじ 2
砂糖:大さじ 1
酒:大さじ 2
鰹だし:少々

【作り方】
1. 鍋に大さじ 5 の水と調味料を全部入れて煮立たせ、生海苔を入れて弱火で煮ます。
2. 汁がなくなったら出来上がり。

甘さ控えめのレシピですので、調味料は好みに応じて調整してください。ビン詰の海苔の佃煮みたいになるかと思ってたんですが、ちょっと違いました。海苔はどろどろにならず、さらっとした感じに仕上がり、しゃきしゃきした食感も少し残ります。煮たら海苔の香りがなくなるかと思いきや、ますます香ばしくなって大感激!もちろん卵かけご飯にしても美味しかったです。

最初、生海苔を佃煮にしちゃうのはちょっともったいないかなーとも思ったんですけど、大正解でした。日本の生海苔がこれと似たものかどうかわかりませんが、生海苔が手に入ったらお勧めです。

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村



最新記事