--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘くないクランベリー料理

2012年11月17日 22:23

クランベリーの塩漬け

さて今年の感謝祭も間近となりました。感謝祭の七面鳥ディナーに欠かせないのが甘酸っぱいクランベリーソース。クランベリージュースやドライフルーツはいつでも手に入りますが、生のクランベリーが市場に出回る時期は限られています。生のクランベリーを買うのは感謝祭の前だけという人も多いのでは。

初秋に真っ赤に熟したクランベリー(オオミツルコケモモ)は、畑に水を張って浮いてきた果実を集めるというとてもユニークな方法で収穫されます。クランベリーはビタミン C を豊富に含むほか、さまざまな薬効もあるためアメリカ先住民の時代から貴重な食料源として利用されてきました。ただ、ベリーとはいっても、ブルーベリーやラズベリーみたいにとても生で食べられるシロモノじゃあありません。皮が硬い上にかなりすっぱくて渋みもあり、よく熟したものですら甘みはほとんど感じられません。見た目は甘くて美味しそうなのにね。つまり、多くのクランベリー製品や料理には大量の砂糖が使われているんです。

こんなクランベリーを生のまま美味しく食べる方法はないかちょっと考えてみました。ものすごくすっぱくてしかも甘くない果物と言えば... 梅干です!そういうわけで、とりあえずは塩で漬けてみることにしました。2 ~ 3 週間ほどで水分が出て、だんだん柔らかくなってきます。口の中でプチッとはじけるのもおもしろいし、このまま食べてもなかなか美味しいのですが、もっと梅干っぽくするために乾燥させてみることにしました。ディハイドレーターで一晩ほど乾燥させるとなかなか良い感じです。上の写真のものはもう一年近く漬けているものなんですが、色も鮮やかなままです。ご飯にのせて食べたり、ほんとに梅干の代わりになりますよ。クランベリー特有の酸味と渋みは特にカレーや丼ものとよく合います。ちょっと酸味が欲しいなーと思う料理に加えるのもなかなかグッド。私はドライトマト代わりにパスタに加えたりしてます。

クランベリーの梅干風塩漬け

【材料】

生のクランベリー:200 g
自然塩:クランベリーの重量の 12 % 
酒類:大さじ 1
はちみつ:お好みで

【作り方】

1. クランベリーをきれいに洗い、水気を拭き取ったら保存容器に入れます。
2. 自然塩を入れ、酒類(焼酎、ウォッカなど)を加えて軽く混ぜ合わせます。
3. 常温でしばらく保存します。
4. 水分が出て皮が柔らかくなり、塩分が中まで浸透したら、天日またはディハイドレーターで乾燥させます。
5. 皮が好みのシワシワ加減になったら出来上がりです。容器に入れて冷蔵庫で保存します(常温でもかなり持ちます)。

【ポイント】

1. 塩の量はクランベリーの重量の 12% ぐらいにすると、梅干らしい味になります。ハチミツを少々加えるのも美味しいです。

2. 出来上がるまでは常温で保存するのがポイント。もともと皮が硬いので、冷蔵庫に入れると塩分がなかなか浸透しません。皮が硬いのが気になる場合は、もっと長く保存するか、ちょっと乾燥させると少し柔らかくなって食べやすくなります。でも、生のまま市販のドライクランベリーみたいにしっかり乾燥させるのは難しいです。加熱するか、穴を開けるかしないと無理ですね。

【栄養・効能】

クランベリーは豊富なビタミンCと色素のアントシアニンに含み、強い抗酸化作用があります。クランベリーに含まれるキナ酸および安息香酸は膀胱炎などの尿路感染症や尿路結石の予防に効果があります。また、メラニン色素の生成を阻害するアルブチンという成分も含まれているため、美白効果があるとも言われています。

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。