--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリケーン襲来を振り返って

2011年09月01日 04:29

HurricaneIrene.jpg

ハリケーンアイリーンは、当初予想されていた規模の勢力にはならなかったとはいえ、アメリカ東部の非常に広い範囲にわたって被害をもたらしました。日本の台風とは比較にならないその巨大な姿にただただびっくり。私の住んでいる地区では、風雨が少し強まったぐらいの早い時期に停電になり、その後一度復旧したものの、結局翌朝まで 20 時間以上にわたる停電がありました。ここからさほど離れていない地域では、停電にならなかったところもある一方で、2 日以上停電が続いたところもあり、被害状況はさまざまだったようです。東部全体の浸水、洪水、風による被害を加えると完全な復旧までにはまだまだ時間がかかることでしょう。

前に「アメリカで非常食を揃える」という記事を書いたので、ハリケーンの前に見ていただいた方も多かったようです。今回のケースは、災害の起こる時期があらかじめわかっていたのと、備蓄した非常食が役に立つほど長期にわたる停電にはなりませんでしたが、私自身こんなに長い停電を経験したのは初めてのこと。

何よりラッキーだったのは、季節が夏で防寒が必要な状況ではなかったことです。また、幸いにも水道やガスの供給には影響がなかったので、給水や調理については問題がありませんでした。たとえば、オール電化の家の場合やガスの供給が止まった場合でも、プロパンガスやチャコールを使用する BBQ グリルやカセットコンロ (portable gas stove) など、電気以外の熱源を利用するものを用意しておくと、いざというときに役立ちますね。

停電が数時間以上続くと、心配になってくるのが冷蔵庫の中身です。冷蔵室にある生ものは早いうちに加熱したりしましたが、夜中に冷凍庫の中の食品リストが浮かんできて、これを全部調理するはめになるのだろうかとさすがに頭が痛くなりましたよ。そこで今回 3 つ目のラッキーなんですが、ハリケーンが来る直前に冷凍庫についてのアドバイスをたまたまテレビ番組で見たんです。それはですね、ジップロックバッグに水を入れ、それを冷凍庫に入れて凍らせておくというものでした。私の場合は、家にある大小の保冷剤を全部かき集めて冷凍庫に詰め込みました。実をいうと、最初から冷凍庫は満杯だったんですけどね。停電後、冷蔵室の方はドアの開閉を必要最小限にしていてもどんどん温度が上がり、しまいには常温近くにまでなりましたが、独立したクーラーバッグと化した冷凍庫の方はなんとか電気が復旧するまでもってくれましたので、夏場で 1 日、冬場で数日間の停電でしたらこの方法でなんとかしのげそうです。

それから夜はキャンドルと懐中電灯が必須ですが、今回使ってみて便利だと思ったのは小型のキャンドルランタン (candle lantern) です。キャンドルランタンはキャンプ用品として売られているもので、テントの内側に吊るしたりして使います。キャンドルの炎の部分がガラスと蓋によってある程度保護されるので、炎が付いていても吊り下げ用のチェーンを持って安全に運べます。だいたいキャンドルは据え置き用、懐中電灯は移動用、と使い分けますが、これがあるとどちらの用途に使えますし、下に置いても安定していて倒れにくいので安全性も高いです。LED ライト付きのものもあるみたいですね。

また、懐中電灯ですが、調理や修理などのちょっとした作業をするときには、頭に装着できるようになっていると楽です。一体型のヘッドランプもありますが、私はマグライト (Maglite) という小型の懐中電灯を差し込んでベルクロテープで装着できるヘッドバンド (Headband Flashlight Holder) を持っています。懐中電灯が頭の片側に付くので装着時の安定があまりよいとは言えませんが、専用のヘッドランプをわざわざ別に買わなくて済みます。また、ハンドルをくるくる回して充電するラジオ付き懐中電灯 (hand crank flashlight) など、電池切れの心配がない懐中電灯もいろいろありますね。

停電が長期にわたる場合は、自家発電機 (portable generator)、携帯電話などを充電できるチャージャー、自動車から電気を取れるインバーター (power inverter) などもあると便利だろうなと思いました。

今回はインターネットやコンピューター、テレビなどが一切使えない環境をまる一日体験して、いかに自分がそういうったものに依存し過ぎているかを思い知らされました。それにしても、ハリケーンがほぼ通過した後、「停電中」に見上げた夜空の美しかったことといったら!満天の星、星、また星。こちらの方も忘れられない経験となりました。

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://americangoods161.blog106.fc2.com/tb.php/111-b2fbca14
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。