ピッツェルメーカー
Pizzelle cookie maker

2013年01月20日 08:30

PizzelleCookieMaker_200.jpg

ピッツェル (pizzelle) って知ってますか?軽くてサクサクした食感のワッフルクッキーなんですが、甘さ控えめで油脂類をほとんど使わない素朴な味が私は気に入ってます。アメリカでクッキーといえば非常に甘いものが多いのでちょっと珍しいと思ったら、これはもともとイタリアのアブルッツォ地方が発祥の伝統的なお菓子で、クリスマスやイースターの時期によく食べるものだそうです。アニス、レモン、バニラ風味などがあり、普通のスーパーマーケットでも手に入りますが、このピッツェルを作る専用の機械があるんですよ。作りたての熱いうちは好きな形に整形できるので、円錐型にして中にアイスクリームを入れたり、円筒状にしてアメリカではとてもポピュラーなイタリア菓子、カノーリ (cannoli) のチーズクリームを入れて食べることもあります。また、カップ状にすれば、アイスクリームカップやミニタルト台として使えます。型には独特のパターン(昔は家紋などが使われていたこともあるそう)があって、見栄えがよいのでプレゼントにもいいですね。

Pi_200.jpg
いちごアイスををサンドしたピッツェル

でも、こういった単機能の「xxメーカー」って、買ってからしばらくすると熱が冷めちゃってタンス、いや地下室のこやし状態になりかねません。私もその昔、ホットサンドが作りたくなってホットサンドメーカーを買いました。しばらくはセッセと作ってましたが、今はいったいどこにあるのやら... ワッフルメーカーも同じ運命を辿りそう。

さて、このピッツェルメーカー、これこそピッツェルを作る以外に利用法がないでしょ、と思うかもしれませんが、この型って結構応用がきくんですよ。たとえば、生地の配合をちょっと変えれば和風の焼き菓子が手軽に作れちゃうんです。和菓子好きの海外在住者の方にとっては嬉しいニュースですよね!

Piz_kuri_200.jpg
柔らかめに作ったピッツェルに栗あん (chestnut cream) をはさんでどら焼き風に

Piz_Sh.jpg
えびせんも簡単に作れます

このほか、卵せんべい、瓦せんべい、炭酸せんべい、南部せんべい、ミルクせんべい、ピーナッツせんべい、ソースせんべいなんかが作れそう。

お餅をワッフル型に入れて焼くと美味しいですよね。日本ではこのモッフル専用メーカーが販売されてますけど、ピッツェルメーカーでも作れますよ。名付けてモッツェル!? ただ、ピッツェル型は非常に薄いので、焼き加減によってはサクサクのおせんべい風になります。玄米餅を使うと、より香ばしくて美味しいですよ。私はメープルシロップをかけて食べるのが気に入ってます。

Moffle.jpg
玄米餅で作ったモッツェル

焼きおにぎりもピッツェル型で焼くとこんな感じに。

Piz_Oni.jpg

私の持っているピッツェルメーカーは Toastmaster のもので、一度に 2 枚のピッツェル(直径 11cm)が焼けます。オン/オフスイッチもないし、出来上がったらインジケータが点灯する機能もありません。ピッツェルはすぐに焼けるので、慣れるとそういう機能もほとんど必要ないんですけどね。でも、型を取り外して洗えるといいなと思います。特にピッツェルの場合、型のパターンが複雑なので生地やソースなどがくっつくと取りずらいんですよね。生地を流し込む前にシリコンブラシなどを使って型にまんべんなく油を塗っておくことがポイントです。

日本では、ビタントニオ ワッフルベーカーにオプションのピッツェルプレートがあります。また、クイジナート(Cuisinart)の製品などは「ピゼルメーカー」と呼ばれています。

関連商品を見る
JP_FS.gif    amazon.co.jp   楽天
US_FS.gif    amazon.com   eBay

にほんブログ村 料理ブログ 調理器具へ
にほんブログ村


最新記事