生ハチミツで免疫力アップ!

2012年02月22日 22:05

honeybee_350.jpg

今年も風邪やインフルエンザに続いて花粉症に悩まされる季節がやってきましたね。私は普段から免疫力を高めるために、生ハチミツ (raw honey) を食生活の一部に取り入れるようにしています。もともとハチミツは総合ビタミン剤に匹敵するぐらい多くのビタミンやミネラルを含む栄養価の高い食品ですが、加熱処理されていない生のハチミツを利用すれば、これらに加えてハチミツが本来持っている生きた酵素を体に取り入れることができるんです。生ハチミツには、さまざまな消化酵素のほか、グルコースオキシダーゼなど抗菌・抗ウィルス、抗炎症作用のある酵素が多く含まれています。これらの酵素は口内炎、虫歯、歯周病、喉の炎症などに効果があるだけでなく、風邪やインフルエンザの予防に役立つということです。

また、住んでいる地域で採取された生ハチミツは、その地域に咲いている花の花粉を含んでいるため、花粉症などのアレルギーに効果があるとも言われています。私の家の近所にも養蜂ファームが数件ありますし、野菜の直売所などで手書きのラベルが貼られたハチミツの瓶を見かけたら、試しに買ってみるのも楽しいものです。ただし、加熱処理されていない生ハチミツには食中毒の原因となる菌が含まれている可能性や、アレルギー体質の方がアナフィラキシー反応を引き起こす危険性もあるそうですので一応注意が必要です。

近年話題のマヌカハニー (manuka honey) は、ニュージーランドに自生するマヌカ(ギョリュウバイ、ティーツリー)の花の蜜から採取されたハチミツで、メチルグリオキサールという抗菌成分を多く含んでおり、胃炎や胃潰瘍などの原因と言われているピロリ菌、大腸菌や黄色ブドウ球菌などの有害細菌に対する効果が証明されています。マヌカハニーは UMF や GMO など抗菌活性力の強さを表す数値によってグレードが付けられており、グレードによって価格もかなり違います。ティーツリーのエッセンシャルオイルは消毒薬のような匂いがしますけど、マヌカハニーの香りはそれよりはるかにマイルドで、清涼感のあるハチミツです。

一般に、生ハチミツはクリーム状または結晶化したものが多く、蜂の巣、蜜ろう、花粉、プロポリス (propolis) なども含まれています。下の写真は、左から YS Organic Bee Farms のそばハチミツ (Raw Buckwheat Honey)、生ハチミツ (Raw Honey)、マヌカハニー (Raw Manuka Honey (Active 15+) ) で、ずいぶんと色に違いがあるのがわかると思います。色の濃いハチミツほど抗酸化成分を多く含んでいるということです。写真中央の生ハチミツはほとんど癖がなく、非常に食べやすいハチミツです。そばハチミツは独特の匂いがあるので苦手な人も多いと思いますが、私はもっぱら外用薬またはスキンケアに利用しています。

honey_comp.jpg

生ハチミツは、酵素や栄養素を壊さないためにもそのまま食べるのが一番です。トースト、パンケーキ、クラッカー、シリアルのほか、ヨーグルトやチーズ、フルーツなどに添えてもいいでしょう。室温で保管するとパンに塗れるぐらい柔らかくなりますが、どうしても溶かしたいときは 40℃ぐらいで湯煎します。体温と同じぐらいの温度になると液状になりますが、45℃を超えると酵素や栄養素が壊れたり、変質することがあるそうです。マヌカハニーの場合は熱を加えても抗菌性に影響しないとのことですが、できるだけそのままの形で摂取するのがいいみたいです。

生ハチミツは自然に発酵が進みますので、賞味期限は普通のハチミツよりも短くて 2 年ほどだそうです。温度が高いと発酵の進み具合も早くなります。長期保存する場合は冷暗所に保管しますが、結晶化することもあります。

ハチミツは、やけどや切り傷、皮膚病などの外用薬としても古くから使われています。私はときどきハチミツ湿布をするのですが、朝起きて湿布を剥がすと、気になる部分がすっきりとして気持ちがよいです。ただ、ハチミツは体温で溶けて流れますので、衣服などにハチミツがついてべたべたにならないように工夫する必要がありますけどね。ハチミツには高い保湿効果があるので、皮膚に潤いを与え、肌の状態を整える働きもあります。アメリカでは蜜ろうなどを使ったバーツビーズ (Burt's Bees) のスキンケア製品が入手しやすいので、私もリップバーム (Burt's Bees Honey Lip Balm Tube) などを愛用してますが、食用の生ハチミツをマッサージに使ったり、お風呂に入れたり、化粧水に少量加えるという方法もあります。

【栄養・効能】

ビタミン B1、B2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミン B6、葉酸、ビタミン C、ビオチン、コリンなどのビタミン類、カルシウム、鉄、銅、カリウム、ナトリウム、リン、マンガン、セレン、亜鉛、ケイ素、マグネシウムなどのミネラル類、グルコースオキシダーゼ、α-グルコシダーゼ、アミラーゼ、ジアスターゼ、カタラーゼ、ホスファターゼなどの酵素、各種アミノ酸、抗酸化物質のポリフェノールなどが含まれています。有機酸のグルコン酸は腸内のビフィズス菌を増やし、腸内環境を整えます。ハチミツに含まれている糖質は主にブドウ糖と果糖で、砂糖(ショ糖)と異なり短時間で体内に吸収されます。また、腸内の善玉菌を増やし、便秘や下痢を改善するオリゴ糖も含まれています。なお、ハチミツは 1 歳未満の乳児には与えないようにしてください。

関連商品を見る
生はちみつ          jp.gif 楽天   amazon.co.jp   us.gif amazon.com
マヌカハニー         jp.gif 楽天   amazon.co.jp   us.gif amazon.com
バーツビーズ製品   jp.gif 楽天   amazon.co.jp   us.gif amazon.com

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://americangoods161.blog106.fc2.com/tb.php/144-2a2a9f03
    この記事へのトラックバック


    最新記事