キーライムで手作りポン酢

2011年01月23日 21:50

Keylime.jpg

この冬は例年に比べて雪も多く、毎日寒い日が続いています。そういうときはやっぱり鍋物が恋しくなりますね。

鍋物に欠かせないポン酢ですが、市販の高級ポン酢は海外ではかなりお値段が張ります。そこで、新鮮な柑橘類を使って香りの良いポン酢を手作りできればいいなと思っていました。もちろんこちらでは柚子もかぼすも手に入りませんが、たまたまスーパーマーケットで見つけたキーライムを使ってみたらなかなか美味しいポン酢ができました。

キーライムといえば、フロリダ州の名産、甘酸っぱいキーライム・パイが有名ですね。普通のライムより小さく(写真ではレモンの大きさと比べています)、近所のスーパーマーケットでは、メキシコ産のキーライムが網の袋に20個ぐらい入って売られていました。普通のライムのような独特の香りはあまりなく、日本の「すだち」と同じような感覚で使えそうです。ライムよりも変色するのが早く、どんどん黄色くなってしまいますので、ポン酢を作って保存しましょう。

キーライムのポン酢

【材料】 ドレッシングの瓶1本分
キーライムの搾り汁:大さじ 2 ~ 3
醤油:大さじ 7
米酢:大さじ 5
みりん:大さじ 3
昆布または顆粒の昆布だし:少々

【作り方】
1. キーライムを搾り、種や果肉を取り除きます。
2. 鍋にみりんと昆布を入れて火にかけ、アルコール分をとばします。常温になるまで冷まします。
3. 消毒した保存瓶に醤油、米酢を注ぎ、冷ましておいたみりんとキーライムの絞り汁を入れます。酸っぱいのが好きな人は大さじ3ぐらい入れても大丈夫です。

熟成するにつれてまろやかな味になります。香りを加えたい場合は皮を少量すりおろして入れるとよいでしょう。韓国の柚子茶(柚子ジャム)がある場合は、柚子皮の部分を入れるという方法もあります。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://americangoods161.blog106.fc2.com/tb.php/15-3d6d6a25
    この記事へのトラックバック


    最新記事