皮むき器 ムッキーちゃん

2014年01月23日 15:47

Mukki_wholeview_200.jpg

アメリカに住んでいても、冬になるとやっぱりみかんが恋しくなります。こちらのみかんは、タンジェリン (tangerine) やクレメンタイン (clementine) などのマンダリンオレンジ (mandarin orange) ということになりますが、日本のみかんとは味や香りがかなり違うし、がっかりすることの方が多いんです。日本のみかんに一番近いのはサツマ (satsuma) という品種でしょうか。濃いオレンジ色のタンジェリンは皮が厚ぼったくて固く、種がいっぱい。クレメンタインはちょっと小さめで皮は薄いけど、中身とぴったりくっついているので小さくちぎれてボロボロに。たいていどの品種も皮が剥きにくいので、みかんの袋にたどり着くまでに一苦労なんてこともありますよね。

そういうわけで、取り寄せてみたのが日本で評判の柑橘類用皮むき器「ムッキーちゃん」。長さは 10cm ほどで軽く、ホッチキスみたいな形をしています。予想したとおり、これはアメリカの固いみかんを剥くのにとっても便利。

Mukki_200.jpg

もちろんみかんだけでなく、オレンジやグレープフルーツの外皮を剥くのにも重宝します。私は横に半分に切って食べる習慣があまりないので、みかんと同じように剥いて食べるんですが、それほど皮が厚くなければナイフを使うより早いし、ズズーッと切れるのがなかなか気持ちいいです。しかも果肉を取り出すときには、内皮用のナイフが大活躍。上の写真では上側の白い突起が外皮用で、下側にあるのが内皮の袋を切るための小さい金属製の刃です。黄色の V 字型の溝にさやを置いてスライドさせると、袋がスパッと切れます。ナイフは溝の中に固定されているので安全です。柑橘類の果肉を使ったサラダやお菓子を作るのにも便利です。

海外にも orange cutter や citrus peeler など、柑橘類の外皮を剥くためのツールはあります。指にはめて使うタイプや細長いタイプなどがありますが、いずれも外皮用のみのようです。

ただ、外皮用の刃はプラスチック製なのでそれほど強度はなさそうです。柑橘系以外の固いものを剥くのはやめといた方がいいかも。

剥いたみかんの皮はもちろん捨てません。そのまま乾かしておいてある程度たまったら、寒い日に煮出してお風呂に入れます。とってもあったまりますよ。

この商品を見る jp.gif 楽天 amazon.co.jp

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://americangoods161.blog106.fc2.com/tb.php/204-4f97adad
    この記事へのトラックバック


    最新記事