ビンテージのおろし器 Acme Safety Grater

2014年11月30日 12:04

AcmeGrater_200.jpg

これって焼き網でもハエたたきでもないんですヨ。サイズは14x23 センチで、私も最初に見つけたときは 「おっ、ちょうどよいサイズの焼き網!」 とすぐにご購入。このビンテージもののグレーター、今でも使っている人はいるんだろうかと思いますが、アメリカ人はこれでチーズやポテトをおろしてハッシュドポテトやじゃがいものパンケーキなんかを作ったんです。そのほか、説明書には、茹でたじゃがいもをサイコロ状にカットしたり、焼きたてのパンを置いて冷ますためのラックとして使用できると書いてあります。私はガスレンジの上でちょっとしたものを直火で炙るときなんかに使ってますが、ハンドルが付いているのも便利だし、洗いやすい上に、小さくて収納に場所を取らないのが気に入ってます。

さて、本来のおろし機能ですが、金網が上下に波打っていて食材がひっかかるようにできています。 「セーフティグレーター」 という名前の由来ですが、鋭い刃がないので安全というわけですね。まずは大根で試してみました。最初は半信半疑でしたが、思ったよりも力は要らないし、出来上がりの食感も悪くありません。鬼おろしほどではありませんが、まあまあ粗めの大根おろしといったところ。

grated.jpg

このグレーターでジャガイモをおろして、ポテトパンケーキも作ってみました。こちらでは箱型のグレーターを使うのが一般的ですが、ハヌカの日に食べる Latkes というパンケーキを本格的に作るには、この昔ながらのグレーターでないと、という人もいるみたいです。

関連商品を見る
US_FS.gif    amazon.com   eBay

にほんブログ村 料理ブログ 調理器具へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村


最新記事