--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロメインレタスを美味しく食べる方法

2017年11月04日 11:15

Romaine.jpg

アメリカではおなじみのロメインレタス(Romain lettuce)。コスレタス(Cos lettuce)とも呼ばれるそうですが、日本でも最近よく見かけるようになりました。私も近所のスーパーで見つけると、懐かしさのあまり(?)ついつい買ってしまいます。

アメリカのロメインレタスって標準規格でもあるのかと思うぐらいラグビーボールのような同じ形をしてますよね。日本のロメインレタスは形もちょっと違います(上の写真)。アメリカに住んでいたときは、固くて青臭く、苦味もあるのでそれほど好んで食べる野菜ではなかったのですが、ある食べ方を発見してからはもりもり食べられるようになりました。

まず、ロメインレタスを千切りにします。繊維に対して直角に、キャベツの千切りみたいな感じですね。それをお皿に盛り付けたら、エキストラバージン(これがポイント)オリーブオイルを回しかけ、よく混ぜ合わせます。次に少量のお醤油を加えてさっと混ぜます。たったのこれだけ。パリパリ感をしっかり残したいときはオリーブオイル、醤油の順に、しんなりした感じがお好みの場合は醤油を先に入れてオリーブオイルを後で加えます。酢や胡椒は特に入れません。バージンオリーブオイルと醤油の香りがロメインレタス特有の青臭さを消してくれて美味しくなります。でも、日本で栽培されているロメインレタスはそれほど青臭くないので、あまり違いがわからないかもしれませんけどね。もともとロメインレタスはシーザーサラダのような味の濃いドレッシングと相性がいいんですが、こちらの和風サラダもすごくカンタンでオススメなので是非一度試してみてくださいね。

ロメインレタスにはβカロチン、ビタミンC、葉酸などが普通のレタスよりも豊富に含まれています。アメリカではグリーンスムージーというとケールが定番ですが、この栄養価の高さからロメインレタスを使うこともよくあります。それに他の葉物野菜に比べて日持ちするのもありがたいですよね。そうは言っても、パリパリした食感が命なので、新鮮なうちにたっぷり食べましょう!

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へにほんブログ村 料理ブログ 調理器具へ


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。