かぼちゃいろいろ - どれがパンプキン?

2010年10月22日 17:30

varioussquash.jpg

アメリカでは夏の終わりぐらいからファームやスーパーマーケットにいろいろな種類のかぼちゃが並びます。食用になるものだけではなく、主に飾り付けに使われるカラフルなかぼちゃやひょうたんなんかもあります。大きさも、ミニパンプキンと呼ばれる手のひらサイズのものから 1 メートルを超える巨大なパンプキンまでさまざまです。

ここではアメリカで比較的手に入りやすく、食用になるものを集めてみました。

さて、この中でパンプキンはどれでしょう? えっ? 私もパンプキン=かぼちゃと思っていたんですが、写真のかぼちゃはすべてスクワッシュという分類になり、この中では左から2番目のオレンジ色のかぼちゃが唯一のパンプキンなんだそうです。大型のイエロー・パンプキンはハロウィン用に中身をくり抜いてジャック・オー・ランタン (Jack-O-Lantern) を作るために栽培されたパンプキンで、繊維が多く食用には適さないようです。

ちなみに写真のスクワッシュはすべてウィンター・スクワッシュ(冬かぼちゃ)と呼ばれます。ズッキーニやイエロー・スクワッシュもスクワッシュですが、こちらは皮の柔らかいサマー・スクワッシュの仲間です。

上の写真は、一番左がカボチャ・スクワッシュ、左から2番目奥の黄色いかぼちゃがスパゲティ・スクワッシュ(日本ではそうめんかぼちゃまたは金糸瓜、詳しくはこちらの記事をどうぞ)、左から3番目奥がバターナット・スクワッシュ、左から2番目の手前側のオレンジ色のかぼちゃがパンプキン・パイに使われるパイ・パンプキンまたはシュガー・パンプキン (詳しくは、こちらの記事をどうぞ)、左から3番目の手前側がエイコーン・スクワッシュ、一番右がバターカップ・スクワッシュです。

この中で日本のかぼちゃに一番近いと思われる品種はカボチャ・スクワッシュとバターカップ・スクワッシュです。詳しくは、こちらの記事を見てくださいね。

かぼちゃの中でも特に大型のハバードスクワッシュ (hubbard squash) については、こちらの記事をご覧ください。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://americangoods161.blog106.fc2.com/tb.php/29-4ad1f002
    この記事へのトラックバック


    最新記事