--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Quince (かりん / マルメロ) のはちみつ漬け

2010年11月28日 19:43

Quince_300.jpg

秋口になると、スーパーマーケットなどで Quince という果物を見かけるようになります。見かけは青りんごのような感じですが、生で食べることはできません。市場に出回る期間が短いので、見つけたらすぐに購入して、熟すまでしばらく放置しておきます。2 年前に中国系のスーパーマーケットで入手した Quince には確かうぶ毛がありましたので、おそらくマルメロだったのだと思います。熟すにつれてどんどん香りが強くなって、フルーツというよりも香水のような強烈な香りが部屋中に広がり、しばらくの間楽しませてくれました。今回近所のスーパーマーケットで見つけたものは Quince と同じ名前で売られていましたが、うぶ毛がなくてつるつるです (上の写真)。しばらく放置しておいても香りにあまり変化はありません。こちらの方はカリンかな?と思っているのですが....

Quince_liquor.jpg
写真のグラスに入っているのは 2 年前に Quince で作ったお酒です。アメリカではホワイトリカーを入手するのは難しいのでウォッカで代用しました。氷砂糖は中国系スーパーで手に入りますが、今回はざらめ (Turbinado Sugar) を使用しました。Quince はのどの痛みに効くということで、風邪のひき始めなどに少しずつ飲んでいますが、あまりに美味しいので、もったいなくて(笑)ちょっとずつ飲んでいます。香水のようなゴージャスでフルーティな香りもそのまま残っていて、時間が経てば経つほど味に深みが増して美味しくなります。さて、今回はハチミツ漬けにしてみました。













Quince(かりん / マルメロ)のハチミツ漬け


Quince_honey_300.jpg

【材料】
Quince (かりんまたはマルメロ): 1 個
ハチミツ:果実が浸る程度
広口の保存びん

【作り方】
1. Quince は香りをよく放つ、熟れているものを使います。皮付きのまま輪切りにします。細かく切れば早く出来上がります。

2. 消毒した保存瓶に果実と種 (特に種に薬効があるそうです) を入れ、ハチミツを上から注ぎます。

果実がハチミツにちゃんと浸っている状態にします。しばらくの間は瓶の中をチェックして、もし果実が上に出ていたらハチミツを追加します。果実が上に出ていると、カビが生えることがあります。

喉の痛みがあるときなどに、そのまま飲むか、お湯に溶かして飲みます。

Quince のジャムの作り方については、こちらの記事をどうぞ。

【栄養・効能】
花梨には抗酸化作用のあるビタミン C、タンニン、サポニンなどの栄養素が含まれています。種に含まれているアミグダリンには消炎および咳止め作用があり、古くから民間療法として利用されています。また、疲労回復作用や利尿作用もあります。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://americangoods161.blog106.fc2.com/tb.php/30-a3351b72
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。