--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小魚スナック風アーモンド田作り

2010年12月31日 16:00

おせち料理に田作りは一応作るんですが、特に美味しいものだとは思っていませんでした。ところがアーモンドを加えてみると、とっても美味しくなることを発見。それ以来、我が家は毎年これです。また、たれの分量を減らすことで失敗も少なくなり、小魚スナック風のぽりぽりと食べやすい田作りになりました。アーモンドの量が多くて、どっちが主役?と言われちゃいそうな田作りですが、小魚の苦手なお子様にも好評です。

Tazukuri_350.jpg

【材料】
ごまめ:60g
アーモンド:40 ~ 60g
砂糖:大さじ1
しょうゆ:大さじ1
酒:大さじ1

【作り方】
1. ごまめの腹わたを取り除きます。苦味が気にならない場合はそのままでも OK。
2. 皿に広げて電子レンジにかけます。最初は 3 分間、次に上下をひっくり返して様子を見ながら 1 分ずつかけ、ポキッと折れるまで続けます。
3.アーモンドを焦がさないように炒ります。
4. 鍋に砂糖、しょうゆ、酒を入れて弱火で煮詰めます。とろみが少し付いて、細かい泡が出たところで火を止め、ごまめを鍋に投入します。次にアーモンドを入れて全体によくからめます。
5. 大きめの皿やバットなどに重ならないように広げて冷まします。

【ポイント】
1. 皮なしのスティック状アーモンドを使っていますが、スライス状のものでもかまいません。さらに白ごまを加えても美味しいです。

2. たれは通常の田作りレシピと比べると非常に少ないですが、これだとべたべたになることもなく、薄味で、冷めてもかりっとしています。最大のポイントはごまめを投入するタイミングです。目を離すと一瞬で焦げますので十分注意してください。また、煮詰めすぎてしまい、ごまめがみんなくっついてしまったときは少し冷めた時点でほぐしておけば大丈夫です。

3. 中国産や韓国産などの煮干を使う場合、含まれている塩分の量が非常に多いことがあります。その場合は上の分量だと塩辛くなりすぎるので、しょうゆの量を減らしてください。

●●● 応用編:小魚スナック ●●●

先日入手した韓国産の煮干はサイズがとても小さく、そのまま食べてもかなり塩辛いものでした。そこでアーモンドの量をうんと増やして、砂糖の代わりにはちみつを使い、たれの配合も変えてみました。

ごまめ:60g
アーモンド(スライス、皮付き):120 g
はちみつ:大さじ 2
醤油:大さじ 1/2
酒:大さじ 1

小さいサイズの煮干が向いています。醤油の分量は煮干の塩分に応じて調整してください。ピーナッツやくるみなど、アーモンド以外のナッツをミックスしてもいいですね。作り方は同じですが、たれをあまり煮詰めすぎないようにします。これだと出来上がりもさらっとしていて、ほんとに小魚スナックみたいです。よく乾いたらジップロックに入れて保存でき、いつでもぽりぽり。とても食べやすいのでついつい食べ過ぎてしまいます。

【栄養・効能】
アーモンドのビタミン E 含有量はナッツ類の中で一番多くなっています。ナイアシン (ニコチン酸) が多く含まれており、血行を良くして肌を潤し、脳神経の働きを活発にします。筋肉を丈夫にする作用もあります。含まれる油分が酸化しやすいので、新しいうちに消費し、酸化していたら廃棄することをお勧めします。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://americangoods161.blog106.fc2.com/tb.php/44-87c2ad90
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。