--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スギナでデトックス

2011年06月06日 07:55

Sugina.jpg

日本ではどこででも見られるスギナですが、海外でたまに見かけるとなつかしいものです。

スギナは、私の住んでいる地域では 5 月下旬 ~ 6 月初旬のほんに短い時期にしか現れません。それに生えている場所もごく限られているので、そんなにたくさんあるというわけでもないんです。

私はこの時期にスギナを見つけたら、地上に出ている部分を摘み取って、数日間天日で干して保存します。少しでもタイミングを逃すと、元気がなかったり、あとかたもなく消えてしまいます。先日ちょっと遅いかなーとあわてていつもの場所に行ってみました。野原の一部が刈り取られていたので、数は少なくなっていましたが、今年もちゃんとありましたのでほっと一安心。

繁殖力の強いスギナはケイ酸、カルシウム、マグネシウム、カリウムなどのミネラルを豊富に含み、主に利尿、解熱、および鎮咳作用などの効能があります。腎臓や肝臓の機能を促進して体内の毒素を排出しやすくし、新陳代謝を高めます。また、アトピー性皮膚炎など皮膚のトラブルや外傷の治療にも効果があります。東城百合子さんの「薬草の自然療法」では、癌などの難病に効果のある身近な薬草としてスギナが一番最初に紹介されています。

お茶にする場合は、生の茎または乾燥させた茎 (葉は退化しており茎なんだそうです) を急須に入れて熱湯を注ぎ、5 ~ 6 分おいたものを飲むか、または煎じて飲みます。味は青草そのものという感じです。葉または煎じ汁を湿布として使うこともできます。

私は、一晩水に漬けたスギナをよく煮出して、その汁をお風呂に入れて利用しています。あるときこのスギナ風呂に入ったら、なんとアクビがしばらくの間止まらなくなったことがあります。数十回は出たでしょうかねえ。このときは、さすがにスギナのデトックス(リラックス?)効果に驚かされたものです。

スギナは英語では Horsetail (馬の尻尾)という名前で、海外でもお茶をはじめとして、カプセルやチンキ剤などのサプリメントになっています。干したスギナを束ねてみると (下の写真)、ほんとに馬の尻尾みたいになりますね。

Dried_sugina.jpg

関連商品を見る   jp.gif 楽天   amazon.co.jp   us.gif amazon.com

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
にほんブログ村


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://americangoods161.blog106.fc2.com/tb.php/85-4940ffb5
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。